So-net無料ブログ作成

いよいよ戦争が近づいてきた? 7月28日夜に北朝鮮弾道ミサイル発射で北朝鮮の終わりの始まり [ニュース]

最近の北朝鮮
もうタガが外れたかのような
ミサイル連発ですね。

今回のミサイルは
ICBMというやつで

いわゆる

大陸間弾道ミサイル

と呼ばれるものだそうです。

ニュースでは
官邸のてんやわんやの騒ぎが
放映されていました。

そして、NHKも室蘭放送局が
写した映像がどうやら鬼気迫るものだったようです。


今後、どうなっていくのか?
アメリカはどうするのか?
その時、日本は何をするのか?

そろそろ私たち国民が一人一人
考えていかないといけないのかなと
思います。

え?
何を?

何を考えるの?

そうですね〜

以下みたいなことでしょうか。


スポンサードリンク





北朝鮮がミサイル発射、米軍がICBMと断定


日本のEEZに落下したミサイル

7月28日
世界は変わった

と見るべき
と参議院議員の青山繁晴氏は話しています。

軌道はロフテッド軌道
簡単にいうと
上空高〜く上げて
少し移動して落ちて来る軌道を
とるものです。

しかし、これが
まっすぐ飛ぶと
10000km
の飛距離になるのだそうです。

この飛距離は
アメリカ西海岸は間違いなく届くんですね。

東海岸の
ワシントン、ニューヨークに
届かないからといって
アメリカ軍は無視できない。

実は
アメリカ軍は知っていた
偵察衛星を駆使してるわけですから。

今回の発射地点は
工業地帯の道路上でしたが
それも知っていたらしいです。


アメリアができる今後の策は3つくらいしかない


事態を収束するために
アメリカが考えている打開策
選択肢は3つあるといいます。

(1)金一族のみ殺害できないか
(2)全体を叩く
(3)?

3つ目は何か?
わかりませんw

キムさんは
2週間以上潜伏して
地上にいないそうですが、
それは
今回打ったミサイルが
少しでも起動が斜めになったら
即アメリカは打ち込んで来るそうです。

つまり、それは

開戦

を意味します。

かつて
北朝鮮が日本列島を越して打ち込んできた時
日本はすぐさま
(軍事)偵察衛星を打ち上げた

これは
今までの日本のメディアを始め
国民も
「宇宙は平和利用だけやってる」
と言ってたのが

すぐさま打ち上げたことを
その時、誰も問題にしなかったんですね。
表向きは軍事とは関係ないことを
明言していたけど、実際は
軍事衛星だったことは
日本国民以外の国はそれを正確に確認したのだそうです。


スポンサードリンク






北朝鮮制裁で追加制裁、日本政府


北朝鮮に対する制裁は効かないと言われていますが
かつて
ブッシュ政権の時に
銀行凍結をしたことがあります。

北朝鮮は
農業生産、工業生産は行き詰まっているそうです。

しかし、核とその技術はものすごい高値で売れるため
核とその技術を打って外貨を稼いでいるわけですね。

偽ドルを使う人たちに偽ドルを渡し
本当のドルをもらう

実際に外国とお金のやりとりをしないと
ものが買えないらしいですね。

ブッシュ政権が辞めてしまった
バンコデルタアジアとかではなく
中国の銀行に集中

オバマ政権から引き継いだ

今回の日本が行う制裁は
核兵器を作る技術者だけでなく
中国も含まれる

アメリカがやってきた
北朝鮮への圧力を
やっと日本も気づいて
金融制裁を始めたわけです。

長々と書きましたが、
今後の北朝鮮の動向に注視し
自分ができること
例えば、身を守るための道具を揃えるとか
していかないとですね。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0