So-net無料ブログ作成

女性宮家創設?民進党(旧民主党)野田さんが先走り?旧皇族の復活はあるか? [ニュース]


今はなき旧民主党が
政権を取っていた
2009年9月16日から
2012年12月16日まで

色々なことがあったのですが
その中で
野田政権時代に
当時の野田首相が取り上げた
問題の一つに

女性宮家創設

というものがありました。

今回、天皇陛下(今上陛下)の
御譲位の件と抱き合わせで
再び

女性宮家の議論を復活させようと
躍起になっているとのニュースが
出ました。

4年前のこの論議、一体何だったのか?
その時何があったのか?

もう忘れているので
再度調べて見ました。


スポンサードリンク





女性宮家って結局何?


簡単に言ってしまえば

女性皇族が結婚後も皇室に
とどまることを可能にする

新たな制度

のことです。
新たな制度とありますから
天皇家の歴史始まって以来
つまり、日本の歴史始まって以来

と言うやつです。

今回、また野田佳彦さんが
その件を蒸し返しています。

この件については
4年前にいろいろな有識者
賛否両論を出しましたが
何が問題なのでしょうか?

その点を
明治天皇の玄孫(げんそん)
明治天皇の皇女のひ孫に当たる
憲法学者の

竹田恒泰氏が
わかりやすく解説していました。
すでに4年前に

それを少し引用させていただきます。

女性宮家・問題点1 女性宮家を創設しても、天皇陛下のご公務の軽減にはならない


2011年の時に
宮内庁前長官の羽毛田信吾前長官が
日本テレビのインタビューで
述べたことを受けて竹田さんが
解説しています。

天皇の御公務を女性皇族の方が
担うことは根本的にない
そうです。

今、天皇家には
成年皇族として
女性の方が多いですね。

彬子女王(1981年12月20日)
瑶子女王(1983年10月25日)
絢子女王(1990年9月15日)
眞子内親王(1991年10月23日)
佳子内親王(1994年12月29日)
愛子内親王(2001年12月1日)

でもこの方々が
天皇陛下の名代とかで
公務をすることは一切ないのだそうです。


だから、天皇陛下の御公務の軽減にはならない
ということです。


次に

女性宮家・問題2 女性宮家創設は「天皇の終わり」の始まり


これは?
って感じですが、

よーく考えたらわかりました。

女性宮家を創設したら
まず、ご結婚された場合
相手の方はどういう立場ですかね?

婿養子ですね。

婿をとるわけですね。
その場合、その家の当主は誰なのか?

その女性宮様が当主なんですね。

それでそこで生まれたお子さんには
皇位継承権を与えないと
仮に決めたとしても

その後、天皇家に男性が
生まれなかった場合、
当然、女性宮家の男性に
焦点が当たるようになると。

そうすると
竹田さん曰く

「この人たちでよくない?」
ということになると

何たって宮家ですから。

すると、ここで初めて
民間の男性が入ってきて
男系の血筋を引かない
天皇が誕生しちゃうってことに
なるんだそうです。

これは天皇家始まって以来の
ことになってしまうと。

それは大変だわ

今まで
民間から女性が嫁いできたことはあっても

民間の男性が入ったことはない
わけですから


スポンサードリンク






女性宮家・問題3 女性宮家創設は皇室を廃絶する運動の一環


という点について

女性宮家を訴えていた人は
宮内庁前長官の羽毛田さんという人です。

何で宮内庁長官まで
やった人が
そんな皇室弱体化するような
事言うの?

と思ったら
何とこの人

元は厚生省の事務次官
自民党の小泉政権下で
女性天皇・女系天皇を
画策していた古川貞二郎官房副長官の
部下的な人らしいです。

この古川さんが
宮内庁の中で
自分のいいなりになる人を
つけたいと言う事で
宮内庁に潜り込ませた

と言われているらしいですね、
竹田さんの弁では。

なので、これはもう
皇室解体を目的に色々やっているのでは
と言ってました。


天皇家が存続する一番の方法は旧皇族の復活


旧皇族と言われている家系があります。
それは実に

11旧皇族

になるそうです。

伏見宮 ふしみ
閑院宮 かんいん
山階宮 やましな
北白川宮 きたしらかわ
梨本宮 なしもと
久邇宮 くに
賀陽宮 かや
東伏見宮 ひがしふしみ
朝香宮 あさか
竹田宮 たけだ
東久邇宮 ひがしくに

これらの旧皇族が
皇籍に戻れば
かなりの数の男性皇族が復活するそうです。

それをやるのが
一番早いんじゃないですかね。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0